top of page
  • 執筆者の写真アシストヘキサゴンウェブ管理

インソールを使ったほうが良い理由とは?

更新日:2022年8月31日

昨今は、技術革新による大量生産体制により、低価格で靴が簡単に手に入るようになりました。大量生産された既製品の靴だと決められた靴の形にしかなく、使い続けると足にフィットせず違和感が出てくるかもしれません。足に合わない靴を履いている場合は、何かしらの方法で調整する必要があります。手っ取り早い方法が、インソールの使用です。


Assisthexagon(アシストヘキサゴン)インソールを使ったほうが良い理由とは?

唐突ですが、人類の誕生は約40億年前。人類は高度に脳を発達させ、言語を話し、文明を築きました。それは人類が直立二足歩行するように進化したことがきっかけだと言われています。直立二足歩行することで両手が使えるようになります。それは約300万年前のことだそうです。そして、素足で歩いていた人類が、怪我から足を守る為に靴を履きだしたのは紀元前4000年前、エジプトで一部の特権階級の人達がサンダルを履いたという記録が残っているそうです。


では、現代ではどうでしょう?現在の私達は、足の保護という目的のみならず、デザインを楽しむお洒落を目的として靴を履く人も多いですね。サンダル、スニーカー、パンプス、ブーツ、様々な種類の靴があります。さらに昨今は、技術革新による大量生産体制により、低価格で靴が簡単に手に入るようになりました。しかし一方で、自分の足に本当に合った靴を選んでいるのか?という疑問でてきました。

オーダーメイドの靴であれば自分の足に合わせて作られますが、大量生産された既製品の靴だと決められた靴の形にしかなく、使い続けると足にフィットせず違和感が出てくるかもしれません。


せっかく買ったお気に入りの靴が、自分の足に合っていなかったら…

足にフィットしない為に靴の中で足が動いて靴ズレやマメの原因になります。足の疲れの原因のもなります。


Assisthexagon(アシストヘキサゴン)の3点アーチ

また足に存在すべき三つのアーチ

(1)足親指側から小指側にかけての横アーチ

(2)足指付け根辺りからかかとにかけての内側縦アーチ

(3)足指付け根辺りからかかとにかけての外側縦アーチ

が崩れます。これらの三つアーチは、人類が裸足で生活をしていた頃はしっかりと役割を果たしていました。しかし、靴を履くようになってからは靴に支えられるようになり、アーチを使わなくてもよくなったため、アーチを保てない、いわゆる偏平足の人が増えているそうです。


アーチの役割はいくつかあり、その一つが足に掛かって来る体重を分散して衝撃を和らげるという重要な役割を果たします。このアーチを保つために、足に合わない靴を履いている場合は、何かしらの方法で調整する必要があります。手っ取り早い方法が、インソールの使用です。


現在、数多くのインソールが販売されていますが、どんな靴にでも設置でき、三つのアーチをしっかり使えるようになるAssisthexagon(アシストヘキサゴン)がお勧めです。

Assisthexagon(アシストヘキサゴン)

アシストヘキサゴンは、かかとに着目したインソールです。小さな「六角形」チップでかかとを刺激して…詳しい効果は、ぜひ、『アシストヘキサゴンとは?』のページをご確認ください。歩き出したくなるインソール、アシストヘキサゴン、お勧めですよ!


 
 

閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

댓글


bottom of page